Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT

SBテクノロジーは、ゼロトラスト環境の構築やマルウェアの感染調査を支援するサービスを提供開始した。

「セキュリティアセスメント 中長期ロードマップ作成サービス」は、ゼロトラストの実現に向けて具体的なロードマップの策定を支援するもの。

具体的には、既存のセキュリティシステム環境やポリシーなど規定類の棚卸しや、米国立標準技術研究所(NIST)の「Cyber Security Framework」を用いたアセスメントを実施して報告書を提供。結果に基づいた中長期ロードマップの作成や報告会を提供する。参考価格は300万円(税別)。

またリモート環境におけるレジリエンスの支援として、Windows端末に対して横断調査を行い、マルウェア感染端末の洗い出しを行う「Microsoft Defender for Endpoint向けスレットハンティングサービス」を用意。

さらに感染が疑われる「Windows 10」搭載端末におけるマルウェアや攻撃ツールなどの調査を行う「Microsoft Defender for Endpoint向けリモートフォレンジックサービス」をあわせて提供していく。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント