Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災センターでメール送信ミス、一部メアドを宛先に - 横浜市

横浜市は、消防局横浜市民防災センターが送信したメールにおいてミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、1月15日21時半ごろ、市民防災センターの職員が、消防音楽隊の記念演奏会の応募者へ送信した抽選結果メールにおいて送信ミスが発生したもの。

すべての送信先を「BCC」に入力すべきものを、誤ってアドレス1件を宛先に記載。「BCC」に添付された送信先のメールアドレスが参照できる状態となった。

応募者2192人に対し、抽選結果のメールを60グループにわけて送信。1グループにつき1人、あわせて60人分のメールアドレスが、同一グループ内の最大100人に流出した。

同月16日、メールの受信者から連絡があり判明。同市では、メールアドレスが流出した60人に電話で謝罪。受信者全員に、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設