Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定

欧州委員会は、EU一般データ保護規則(GDPR)の日本に対する十分性認定を1月23日付で決定する予定だ。

1月23日に欧州委員会がGDPRに基づき、日本に対して十分性認定を行う予定で、これを受けて個人情報保護委員会でも、同日付けで個人情報保護法に基づき、EUを指定することを決定した。

日欧間における個人データ保護制度をそれぞれ同等と見なし、相互で個人データを移転できる枠組みが発効となる。

個人情報保護委員会と欧州委員会で交渉を重ね、2018年7月に方針を合意。当初2018年秋からの運用を予定していたが、年明けにずれ込んだ。

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催