Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供

ゾーホージャパンは、「NISTプライバシーフレームワーク Ver1.0」を独自に日本語へ翻訳し、提供を開始した。

「NISTプライバシーフレームワーク」は、製品やサービスにおけるプライバシーリスクの管理などを目的に、米国立標準技術研究所(NIST)が発行したフレームワーク。具体的な対策や評価基準などが取りまとめられている。

EUの一般データ保護規則(GDPR)や、改正個人情報保護法など、企業においてパーソナルデータ保護に対する意識の高まりから、国内において同フレームワークのニーズがあるとして独自に翻訳版を用意したという。

同社ウェブサイトより無料でダウンロードすることが可能。なお、ダウンロードにあたっては、会社名や氏名、電話番号、メールアドレスなどを登録する必要がある。

(Security NEXT - 2020/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
経産省、セキュアなIoT接続環境に向けたフレームワーク案 - 国内外から意見募集
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA