Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー

Facebookは、「Facebook」や「Instagram」において、ロシアが関与したと見られる偽情報の発信ページやアカウントなどを凍結したことを明らかにした。こうしたページは、100万件以上のアカウントによってフォローされていたという。

20190121_fb_001.jpg
削除されたページの一部(画像:Facebook)

法執行機関やセキュリティ専門家をはじめ、連携して調査を行い、虚偽の表示や偽アカウントなどSNS上で展開していた2種類の活動を特定、対処したもの。

ウクライナや不特定多数の国を対象とする2種類の活動が確認されたという。双方に関連性は確認されていないが、いずれもロシアが関与したと見られている。

ロシアを起点とし、バルト諸国、中央アジア、コーカサス、中央および東ヨーロッパなどを対象に活動したと見られる活動では、75のFacebookアカウントと289ページを削除した。

独立したニュースを装って情報が発信されていたが、ロシアの通信社Sputnikの従業員と関係性を確認。NATOへの反感や抗議活動を煽る内容を発信していた。これらページに対しては、約79万アカウントがフォローしていた。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALを装うなりすましメールに注意 - Facebookで不審な投稿も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か