Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布

政府は、セキュリティ対策の基本的な知識を身につけることができる「インターネットの安全・安心ハンドブック」の新版を公開した。国内26の電子書店より無料で入手できる。

同ハンドブックは、基礎的なセキュリティ対策について、インターネット初心者にもわかりやすく解説したもので、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が作成した。

今回、従来の「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」より名称を変更。新版となる「同Ver4.00」では、最新のサイバー攻撃やトラブルの事例を追加。理解をより深めるため内容を改訂した。また学校の授業や家庭で活用できるコラムを追加した。

同ハンドブックはPDF版をNISCのウェブサイトで公開しているほか、電子書籍版を国内26の電子書店で無料配布している。アプリ版については、1月31日にAndroid版を公開。iOS版についても後日配信する予定。

同資料を取り扱っている電子書店サイトは以下のとおり。

ibooksStore
Kindleストア
ebookjapan
BOOKFAN
コミックシーモア
dブック
ひかりTVブック
music.jp
DMM.com
Kinoppy
Yahoo!ブックストア
GooglePlayブックス
COCORO BOOKS
セブンネットショッピング
honto
漫画全巻ドットコム
楽天Kobo
ニコニコ静画
cdjapan eBooks
Neowing eBooks
フジテレビオンデマンド
BOOKWALKER
BookLive!
ブックパス
ReaderStore
BookPlace

(Security NEXT - 2019/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
セキュ月間が開始、3月18日(サイバー)まで - キャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」