Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも

「Amazon」を装うフィッシングメールが確認されたとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20190115_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃では、「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」といった件名の偽メールを送付。不安を煽り、偽サイトへ誘導する手口だった。

メールの本文では、「Amazonプライム会員資格が更新を迎えるが、有効なクレジットカードが登録されていない」などと説明。誘導先で偽のログイン画面を表示してアカウント情報を詐取しようとしていた。

またメールの見だし部分は「Amazon.com」と記載する一方、本文では「Amazon.co.jp」となっていたほか、メールの件名に「Amazone」と初歩的なスペルミスが見られた。誘導先のフィッシングサイトでも「Amazone.co.jp」とブランドの綴りが誤っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
「本日キャンセルしないと請求発生」 - 動画配信サービスのフィッシングに注意
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意