Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都

都立特別支援学校において、金庫に保管していた生徒の個人情報含む調査書が所在不明になっていることがわかった。

都教育委員会によれば、2014年度から2017年度までの卒業生48人分の成績一覧表と調査書の写しを紛失していることが2018年12月20日に判明したもの。

さらにその後の調査で2013年度の卒業生16人分も紛失していることがわかった。いずれも金庫に保管していたという。

所在がわからなくなっている成績一覧表には、生徒の整理番号と各教科の評定が含まれる。さらに調査書には、生徒の氏名や生年月日、出欠の記録、各教科の学習記録や評価などを記載していた。

今回の問題を受け、同校では、対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市