Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都

都立特別支援学校において、金庫に保管していた生徒の個人情報含む調査書が所在不明になっていることがわかった。

都教育委員会によれば、2014年度から2017年度までの卒業生48人分の成績一覧表と調査書の写しを紛失していることが2018年12月20日に判明したもの。

さらにその後の調査で2013年度の卒業生16人分も紛失していることがわかった。いずれも金庫に保管していたという。

所在がわからなくなっている成績一覧表には、生徒の整理番号と各教科の評定が含まれる。さらに調査書には、生徒の氏名や生年月日、出欠の記録、各教科の学習記録や評価などを記載していた。

今回の問題を受け、同校では、対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
高校で生徒情報含む資料紛失、郵送され判明 - 神戸市
教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県