Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大

東京外国語大学において、職員のメールアカウントがフィッシングにより乗っ取られ、スパムメール送信の踏み台に悪用されたり、個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同大によれば、2018年12月17日に職員がフィッシングメールを受信。メール保存期限が超過したなどとだます内容で、誤って誘導先のフィッシングサイトにIDとパスワードを入力してしまったという。

詐取されたアカウントを用いて、翌18日から19日にかけて約24万件の迷惑メールが送信された。またアカウント内に保存されていたメール223件が閲覧された可能性がある。学内関係者97人や、外部関係者17人分の個人情報が含まれる。

同大では、対象のアカウントをロックしてパスワードを変更。送信件数の制限を強化した。個人情報が不正に閲覧された可能性がある関係者には、個別に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大