Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装

受信者の端末にマルウェアを感染させ、不都合な画像を撮影したなどとだまし、金銭を要求する詐欺メールが出回っているが、送信元として「情報セキュリティ大学院大学」を名乗るケースが確認された。

同大によれば、同大を送信元に偽装した詐欺メールが送信されたとの報告を12月18日に多数受けたという。

問題のメールでは、「数カ月前にメールのデバイスをクラックしたハッカー」などと名乗り、あたかも受信者の端末へトロイの木馬に感染させたかのように主張。アダルトサイトを閲覧している姿をカメラで撮影したなどと脅し、データやマルウェアを削除するなどとして、555米ドル相当のBitcoinを送金するよう求めている。

インターネット上に流出したと見られるパスワードを記載することで実際に端末を侵害したかのように見せかけ、受信者を信じ込ませるソーシャルエンジニアリングのテクニックを用いていた。

同大が示した詐欺メールのサンプルに記載された振込先のBitcoinアドレスには、12月21日の時点で3件のトランザクションが記録されており、0.316ビットコインが送金された形跡が見られた。

同大を名乗るケースに限らず、類似した詐欺メールは多数確認されているが、最近は証拠画像などと称してファイルをダウンロードさせ、ランサムウェアに感染させる手口も確認されており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
人気顔写真加工アプリの便乗攻撃 - 有料版が無料とだます手口
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導