Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円

過去1年間に遭遇した情報セキュリティに関する被害やトラブルについて調査を行ったところ、回答者の1.5%が、クレジットカードの不正利用に遭っていたことがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が、9月27日から10月10日にかけて実施したインターネット調査により明らかになったもの。13歳以上のパソコンによるインターネット利用者を対象に実施したもので、5000人が回答した。

過去1年間に遭遇した情報セキュリティの被害やトラブルについて尋ねたところ、「本文中のURLにアクセスするように促す不審なメール」が33.9%で最多。

次いで「ブラウザに突然『ウイルスに感染した』などの警告画面が表示された(32.9%)」「添付ファイルを開くように促す不審なメールを受信した(29.1%)」と続く。

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
トラブル経験者の20人に1人が金銭的被害 - 被害額は2.3倍に
消費者相談、「アダルトサイト」関連が最多 - スマホ利用者が過半数
3社に1社、運用ミスで月に1度はトラブル - スキル不足が課題