Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた

PwCあらたは、AIの導入、利活用におけるガバナンスの構築とリスク評価を支援するサービスを提供開始した。

同サービスは、AIを導入する組織においてガバナンス体制の構築や、導入プロジェクト、システム、業務におけるリスクの評価などをサポートするもの。

サービスの提供にあたっては、内部統制や業務監査などノウハウをもとに独自に開発したフレームワークを活用。導入の目的である利活用と、セキュリティ対策などリスクの両面から対応を支援する。

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント