Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用

自治体に寄付することで、所得税や住民税が軽減される「ふるさと納税」の偽サイトが複数確認されている。各自治体では注意を呼びかけている。

福岡県古賀市が確認したケースでは、「楽天ふるさと納税」のサイトに掲載されている画像や返礼品名などのデータが盗用され、偽サイトが設置されていた。偽サイトでは、割引された金額が表示されるが、ふるさと納税の返礼品が値引きされることはないという。

同市では、事業者の住所や電話番号、メールアドレスが掲載されていないサイトや、支払方法が口座振り込みの場合、口座名義人と販売事業者名が異なるサイトなどは詐欺サイトの可能性が高いと説明。注意を呼びかけている。

同市以外にも同様の詐欺サイトが構築されているケースが確認されている。各自治体では、「ふるさと納税」の申し込みに対応したサイトを、自治体のウェブサイト上でアナウンスするなど、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も