Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用

自治体に寄付することで、所得税や住民税が軽減される「ふるさと納税」の偽サイトが複数確認されている。各自治体では注意を呼びかけている。

福岡県古賀市が確認したケースでは、「楽天ふるさと納税」のサイトに掲載されている画像や返礼品名などのデータが盗用され、偽サイトが設置されていた。偽サイトでは、割引された金額が表示されるが、ふるさと納税の返礼品が値引きされることはないという。

同市では、事業者の住所や電話番号、メールアドレスが掲載されていないサイトや、支払方法が口座振り込みの場合、口座名義人と販売事業者名が異なるサイトなどは詐欺サイトの可能性が高いと説明。注意を呼びかけている。

同市以外にも同様の詐欺サイトが構築されているケースが確認されている。各自治体では、「ふるさと納税」の申し込みに対応したサイトを、自治体のウェブサイト上でアナウンスするなど、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

へぎそば通販サイトに不正アクセス - 2015年以降のクレカ情報流出か
「ファミチキ無料ク-ポン」装う迷惑メールに注意
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明