Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市

福岡市は、居宅介護支援事業所への研修案内メールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、保健福祉局精神保健福祉センターが11月29日11時ごろ送信したメールにおいて、送信ミスがあったという。

送信先を誤って宛先に設定。居宅介護支援事業所256社のメールアドレスが、受信者間で閲覧できる状態となった。一部に個人のメールアドレスが含まれる可能性があるとしている。

同日中に誤送信が判明。同市では対象となる事業所にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市