Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始

総務省は、サイバーセキュリティの分野で活躍する個人や団体を表彰する「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の対象者について公募を開始した。

同賞は、地方自治体や企業、団体などにおけるサイバーセキュリティの現場で功績があり、今後さらなる活躍が期待される個人、団体を表彰するもの。2016年度より実施している。

対象者は自薦と他薦で受け付ける。有識者による選考委員会で審議し、最大3者を選出する。

募集の締め切りは12月10日。受賞者は2019年2月の「サイバーセキュリティ月間」の期間中に発表、表彰式を開催する予定。実施要領は、同省のウェブサイトから。

前回は、個人でBLUEの代表取締役の篠田佳奈氏と、ラック研究員の外谷渉氏が受賞。団体ではRecruit-CSIRTが受賞している。

(Security NEXT - 2018/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始