Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ

Googleが提供するメールサービス「Gmail」において、送信元のメールアドレスを表示させず空欄にできるバグ「Ghost Emails」がセキュリティ研究者によって指摘されている。

Tim Cotten氏が、Gmailに関する複数のバグについて報告したもの。フィッシング攻撃をはじめ、悪意あるメールを開かせるために悪用されるおそれがあるとしている。

当初同氏は、Gmailにおいて「Fromヘッダ」の処理に問題があり、細工された受信メールが、送信済みフォルダへ保存されるバグを発見。

送信した覚えのないメールを送信フォルダに保存させることで、メールを開かせるフィッシング攻撃に悪用されるおそれがあると問題を指摘していた。

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導
象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%