Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース

みずほ銀行がAndroid向けに提供しているアプリ「みずほダイレクトアプリ」において、中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかになった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリにおいてSSL/TLSサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2018-16179」が含まれていることが明らかになったもの。マンインザミドル(MITM)攻撃を受け、通信内容を盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。

同脆弱性は、吉田麗生氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施。同行では、脆弱性を修正した「同3.14.0」を10月26日にリリースした。iOS版に関しては脆弱性は含まれていないという。

(Security NEXT - 2018/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生