Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

Adobe Systemsによれば、域外のメモリを読み込むことで情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2018-15978」が明らかとなったもの。重要度は3段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。悪用は確認されていない。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてリリースしたもので、今回のアップデートで修正した同脆弱性1件のみだという。

同社は、「Windows」「macOS」「Linux」およびブラウザ同梱版に対し、最新版となる「同31.0.0.148」を用意。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートを実施するよう呼びかけている。

20181114_as_001.jpg
各プラットフォーム向けにアップデートを用意したAdobe Systems

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス