Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

Adobe Systemsによれば、域外のメモリを読み込むことで情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2018-15978」が明らかとなったもの。重要度は3段階中2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。悪用は確認されていない。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてリリースしたもので、今回のアップデートで修正した同脆弱性1件のみだという。

同社は、「Windows」「macOS」「Linux」およびブラウザ同梱版に対し、最新版となる「同31.0.0.148」を用意。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートを実施するよう呼びかけている。

20181114_as_001.jpg
各プラットフォーム向けにアップデートを用意したAdobe Systems

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ