Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避

決済サービス「PayPal」を装ったフィッシング攻撃が確認されている。フィッシングサイトでは、アクセスしたのが人であるか確認し、自動巡回による検出回避を行っていた。

「最終的なお知らせ:あなたのアカウントは中断されます」といった件名のメールを送りつけ、誘導先の偽サイトで情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行ったもの。

確認されたフィッシングメールの本文では、アカウントの停止を回避するためには、24時間以内に更新を行う必要があるなどと不安を煽り、リンクよりフィッシングサイトへ誘導していた。

メールのリンクからは、情報の入力を求めるフォームの設置ページへ直接誘導するのではなく、「ブラウザの確認画面」などと称したページに誘導。指定した画像をドラッグ&ドロップするよう求めていた。

20181113_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト。最初に「CAPCHA」が設置された左側の画面へ誘導される(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2018/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す