Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも

大学関係者を狙うフィッシング攻撃があとを絶たない。露Kaspersky Labによれば、同社が確認しただけで16カ国131大学が標的となっていた。同調査には含まれないが、日本の国立大学を狙った攻撃も10月末に確認されたという。

同調査は、2017年9月から1年間、同社製品で検出されたフィッシングサイトの状況について取りまとめたもの。ブラウザやメールにおいて検出されたフィッシングサイトのURLは961件、少なくとも16カ国131の大学が標的となっていた。

攻撃対象となった教育機関は、米国が83大学、英国が21大学でおもに英語圏が中心。今回の報告に日本国内の大学は含まれていないという。

しかし油断は大敵だ。同調査の対象外だが、10月末に日本の国立大学を偽装したウェブメールのフィッシングサイトを、同社リサーチャーがパトロール中に確認している。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響
7月のフィッシング報告は64件増の439件 - 大学を装うケースも