Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も

ヒアリングでは、人材不足や理解不足、組織内部におけるセキュリティ意識のギャップ、前例がない環境でのポリシー策定やリスクの優先付けなどの苦労談や悩みが聞かれた。

また「セキュリティ業務」の魅力ややりがい、おもしろみなど、携わってよかった経験などの声も寄せられている。

処遇面においても、セキュリティ業務に専門性が求められる一方、評価基準に反映されたとの回答は少なく、優秀な人材については引き抜きもあり、適切に処遇しないと人材確保に困るといった現場の意見も聞かれた。

今回の調査を受け同協会では、セキュリティ関連職を望む人材が今後増加しても、セキュリティベンダーの選択肢があり、一般ユーザー企業における人材確保は、今後より厳しさが増すと分析。採用や育成を含め、キャリアデザインについて引き続き検討していく必要があるとした。

(Security NEXT - 2018/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
上場企業など6.3%が標的型攻撃でマルウェア感染
サイバー攻撃受けても約7割が動機を把握できず