Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用

タクシーの配車機能を提供するスマートデバイス向けアプリ「JapanTaxi」において、取得した位置情報を明確な同意を得ずに目的外利用していたとして、同アプリの提供で協業するJapanTaxiとフリークアウトは、取得していた利用者の位置情報データを削除した。

JapanTaxiでは同アプリを通じて利用者の位置情報を取得。提供を受けたフリークアウトでは広告目的で利用していたが、取得方法に問題があると指摘する声がSNSで上がっていた。

問題のアプリでは、位置情報について利用許可を求める際、タクシーの配車機能向上に位置情報が必要であると説明。許可を求めるダイアログにおいても、コンテンツ表示やマーケティングなどを利用目的と記載する一方、広告利用に関しては説明がなかった。

両社は今回の問題を認め、すでに取得していた位置情報などを削除。データの取得に使われているアプリ向けの開発キット「フリークアウトSDK」を同アプリより削除したほか、プライバシーポリシーを改訂したという。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高