Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用

タクシーの配車機能を提供するスマートデバイス向けアプリ「JapanTaxi」において、取得した位置情報を明確な同意を得ずに目的外利用していたとして、同アプリの提供で協業するJapanTaxiとフリークアウトは、取得していた利用者の位置情報データを削除した。

JapanTaxiでは同アプリを通じて利用者の位置情報を取得。提供を受けたフリークアウトでは広告目的で利用していたが、取得方法に問題があると指摘する声がSNSで上がっていた。

問題のアプリでは、位置情報について利用許可を求める際、タクシーの配車機能向上に位置情報が必要であると説明。許可を求めるダイアログにおいても、コンテンツ表示やマーケティングなどを利用目的と記載する一方、広告利用に関しては説明がなかった。

両社は今回の問題を認め、すでに取得していた位置情報などを削除。データの取得に使われているアプリ向けの開発キット「フリークアウトSDK」を同アプリより削除したほか、プライバシーポリシーを改訂したという。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも