Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを

SSH(Secure Shell)を実装するためのライブラリとして提供されている「libssh」に脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

20181022_ls_001.jpg
開発チームによるアドバイザリ

「同0.6」以降にサーバ上において認証を回避されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-10933」が含まれていることが判明したもの。

脆弱性を悪用されると、アカウント情報なしに認証が可能になるという。開発チームでは、同脆弱性を修正した「同0.8.4」および「同0.7.6」をリリースした。

脆弱性を報告したNCCグループのセキュリティコンサルタントであるPeter Winter-Smith氏は、同脆弱性について、クライアントとサーバでステートマシンを共有しており、クライアントの状態をアップデートするパケットによって、サーバの状態についてもアップデートできることに起因すると指摘。

ステートマシンに関する問題で、ほかにも悪用できる可能性があるとして、認証の回避される問題について直接影響を受けない場合も含め、すべての環境で「libssh」をアップデートすることを推奨している。

(Security NEXT - 2018/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み