Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正

Appleは現地時間5月13日、Mac向けに最新OSとなる「macOS Sonoma 14.5」「macOS Ventura 13.6.7」「macOS Monterey 12.7.5」をリリースした。

「macOS Sonoma 14.5」では、カーネルに明らかとなった「CVE-2024-27818」や、「Finder」に明らかとなった「CVE-2024-27827」をはじめ、あわせて21件の脆弱性を修正した。

一方、「macOS Ventura 13.6.7」では悪用が確認されている「CVE-2024-23296」を含む3件に対応。「macOS Monterey 12.7.5」では2件の脆弱性を解消している。

「macOS Sonoma 14.5」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-42893
CVE-2024-23236
CVE-2024-27796
CVE-2024-27798
CVE-2024-27804
CVE-2024-27810
CVE-2024-27813
CVE-2024-27816
CVE-2024-27818
CVE-2024-27821
CVE-2024-27822
CVE-2024-27824
CVE-2024-27825
CVE-2024-27827
CVE-2024-27829
CVE-2024-27834
CVE-2024-27837
CVE-2024-27841
CVE-2024-27842
CVE-2024-27843
CVE-2024-27847

(Security NEXT - 2024/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA