Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足

経済産業省は、関西におけるサイバーセキュリティ関連の取り組み強化に向けて「関西サイバーセキュリティ・ネットワーク」を発足した。

同ネットワークは、産官学の相互協力に基づき、関西におけるセキュリティへの取り組みを推進する試み。事務局は近畿経済産業局、近畿総合通信局、関西情報センターが務める。

情報交換の活性化、人材の育成や発掘、裾野拡大を目的として活動を展開。セキュリティベンダーやユーザー企業、業界団体、教育研究機関、自治体や国の関係機関など40の協力機関が参画し、順次規模を拡大していく。

手はじめに11月12日にキックオフフォーラムを開催。11月から2019年1月にかけて、企業のセキュリティ担当者向けのサイバーセキュリティリレー講座を実施。

また11月以降には、経済団体や業界団体と連携した企業経営者向けのセミナーやイベントを開催する予定。

20181019_me_001.jpg
同ネットワークの活動概要

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞