Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付

ウィルズが運営するオイレス工業の株主優待サービスにおいてメールの誤送信があり、受信者のメールアドレスが流出したことがわかった。

10月5日18時ごろ、オイレス工業プレミアム優待倶楽部の事務局より同サービスへ登録する株主へポイント交換について案内するメールを送信したところ、誤ってファイルを添付するミスが発生した。

問題のファイルには、送信先である株主1183人分のメールアドレスが記載されていた。氏名や住所などの情報は含まれていないという。

今回の問題を受け、ウィルズでは受信者に対し、誤送信したメールの削除を依頼。ログインIDに利用するメールアドレスを、異なるメールアドレスへ変更するよう求めた。

ウィルズによれば、他企業の優待サービスにおいて同様の問題は発生していないとしている。同社では個人情報保護委員会へ事態を報告。再発防止に向け、運用ルールの見直しや、チェック体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会