Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、専門学校および高等専門学校を対象としたセキュリティ分野のコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2018」を開催する。

同コンテストは、セキュリティエンジニアの創出を目的とした学生向けイベント。1チーム4人で脆弱性対策などセキュリティに関する知識を競う。

課題は、ウェブシステムの脆弱性が攻撃を受けたとのシナリオに基づき、攻撃を受けた脆弱性や被害の範囲、対応方法を調査してレポートを取りまとめる。

エントリーおよびレポートの応募締め切りは11月20日。レポートをもとに一次審査を行い、上位10チームが12月12日の最終審査会に出場。レポートをもととしたプレゼンテーションを行い、最優秀チームを選出する。

コンテストの詳細や、チームのエントリー方法などはウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催