Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI

日立製作所とKDDI総合研究所は、「手のひら」を利用した公開型生体認証基盤技術を開発した。「顔」と組み合わせたマルチモーダル認証にも対応する。

同技術は、スマートデバイスのカメラで撮影した掌紋から、電子署名に必要となる秘密鍵を一時的に生成、利用できる「公開型生体認証基盤(Public Biometrics Infrastructure)技術」。

揺らぎのある生体情報を補正して秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立の技術と、KDDI総研の汎用カメラによる掌紋認証技術を活用した。

画像位置の補正と輝度の揺らぎの低減処理により、専用装置を用意することなく、スマートデバイスのカメラを用いて生体認証を行えるという。

また既存の顔認証技術と組み合わせ、1台のカメラで顔と掌紋の情報を同時に取得して公開鍵認証を行うマルチモーダル認証技術を開発。店頭などの本人認証に活用できるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷