Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI

日立製作所とKDDI総合研究所は、「手のひら」を利用した公開型生体認証基盤技術を開発した。「顔」と組み合わせたマルチモーダル認証にも対応する。

同技術は、スマートデバイスのカメラで撮影した掌紋から、電子署名に必要となる秘密鍵を一時的に生成、利用できる「公開型生体認証基盤(Public Biometrics Infrastructure)技術」。

揺らぎのある生体情報を補正して秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立の技術と、KDDI総研の汎用カメラによる掌紋認証技術を活用した。

画像位置の補正と輝度の揺らぎの低減処理により、専用装置を用意することなく、スマートデバイスのカメラを用いて生体認証を行えるという。

また既存の顔認証技術と組み合わせ、1台のカメラで顔と掌紋の情報を同時に取得して公開鍵認証を行うマルチモーダル認証技術を開発。店頭などの本人認証に活用できるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析