Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI

日立製作所とKDDI総合研究所は、「手のひら」を利用した公開型生体認証基盤技術を開発した。「顔」と組み合わせたマルチモーダル認証にも対応する。

同技術は、スマートデバイスのカメラで撮影した掌紋から、電子署名に必要となる秘密鍵を一時的に生成、利用できる「公開型生体認証基盤(Public Biometrics Infrastructure)技術」。

揺らぎのある生体情報を補正して秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立の技術と、KDDI総研の汎用カメラによる掌紋認証技術を活用した。

画像位置の補正と輝度の揺らぎの低減処理により、専用装置を用意することなく、スマートデバイスのカメラを用いて生体認証を行えるという。

また既存の顔認証技術と組み合わせ、1台のカメラで顔と掌紋の情報を同時に取得して公開鍵認証を行うマルチモーダル認証技術を開発。店頭などの本人認証に活用できるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース