Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI

日立製作所とKDDI総合研究所は、「手のひら」を利用した公開型生体認証基盤技術を開発した。「顔」と組み合わせたマルチモーダル認証にも対応する。

同技術は、スマートデバイスのカメラで撮影した掌紋から、電子署名に必要となる秘密鍵を一時的に生成、利用できる「公開型生体認証基盤(Public Biometrics Infrastructure)技術」。

揺らぎのある生体情報を補正して秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立の技術と、KDDI総研の汎用カメラによる掌紋認証技術を活用した。

画像位置の補正と輝度の揺らぎの低減処理により、専用装置を用意することなく、スマートデバイスのカメラを用いて生体認証を行えるという。

また既存の顔認証技術と組み合わせ、1台のカメラで顔と掌紋の情報を同時に取得して公開鍵認証を行うマルチモーダル認証技術を開発。店頭などの本人認証に活用できるとしている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS