Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始

PFUは、オンサイトによるセキュリティ診断サービスを提供開始した。セキュリティシステムの構築、運用をサポートするサービスも展開していく。

今回開始した「ベンチマーク診断サービス」は、全国120拠点を活用し、セキュリティ対策状況を診断するサービス。オンサイトによる問診で課題や優先順位、対策などを説明する。価格はオープンプライスで参考価格は5万円。

またマルチベンダーに対応し、機器を用いた詳細なアセスメントやシステム構築、SOCによる監視、オンサイトのインシデント対応までワンストップで支援する「セキュリティサービス」についても展開。同社では今後3年間に25億円の売上を目指している。

20181011_pf_001.jpg
セキュリティサービスのメニュー(表:PFU)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発