Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ

20181011_tb_001.jpg

仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が外部へ流出した問題で、テックビューロはフィスコ仮想通貨取引所より支援を受ける正式契約を締結したと発表した。

両社は顧客の資産保護に向け、50億円の金融支援について検討する基本契約を結んでいたが、正式契約の締結に至ったもの。

当初、テックビューロ株式の過半数をフィスコ仮想通貨取引所が取得する資本提携を検討していたが、最終的には仮想通貨取引所「Zaif」の事業を譲渡することで合意した。手続きを経て11月22日に譲渡される見込み。

消失した預託資産を仮想通貨や一部現金ですでに調達しており、「Zaif」の顧客はフィスコ仮想通貨取引所による事業継承へ同意することで、当初の予定通り顧客の預託資産は保護されるとしている。

テックビューロは同事業の譲渡をもって仮想通貨交換業の登録を廃止、解散に向けた手続きを行う予定。

20181011_tb_002.jpg
事業譲渡の流れ(画像:テックビューロ)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超