Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ

20181011_tb_001.jpg

仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が外部へ流出した問題で、テックビューロはフィスコ仮想通貨取引所より支援を受ける正式契約を締結したと発表した。

両社は顧客の資産保護に向け、50億円の金融支援について検討する基本契約を結んでいたが、正式契約の締結に至ったもの。

当初、テックビューロ株式の過半数をフィスコ仮想通貨取引所が取得する資本提携を検討していたが、最終的には仮想通貨取引所「Zaif」の事業を譲渡することで合意した。手続きを経て11月22日に譲渡される見込み。

消失した預託資産を仮想通貨や一部現金ですでに調達しており、「Zaif」の顧客はフィスコ仮想通貨取引所による事業継承へ同意することで、当初の予定通り顧客の預託資産は保護されるとしている。

テックビューロは同事業の譲渡をもって仮想通貨交換業の登録を廃止、解散に向けた手続きを行う予定。

20181011_tb_002.jpg
事業譲渡の流れ(画像:テックビューロ)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携