Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ

20181011_tb_001.jpg

仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が外部へ流出した問題で、テックビューロはフィスコ仮想通貨取引所より支援を受ける正式契約を締結したと発表した。

両社は顧客の資産保護に向け、50億円の金融支援について検討する基本契約を結んでいたが、正式契約の締結に至ったもの。

当初、テックビューロ株式の過半数をフィスコ仮想通貨取引所が取得する資本提携を検討していたが、最終的には仮想通貨取引所「Zaif」の事業を譲渡することで合意した。手続きを経て11月22日に譲渡される見込み。

消失した預託資産を仮想通貨や一部現金ですでに調達しており、「Zaif」の顧客はフィスコ仮想通貨取引所による事業継承へ同意することで、当初の予定通り顧客の預託資産は保護されるとしている。

テックビューロは同事業の譲渡をもって仮想通貨交換業の登録を廃止、解散に向けた手続きを行う予定。

20181011_tb_002.jpg
事業譲渡の流れ(画像:テックビューロ)

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催