Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で

金融庁は、仮想通貨取引所「Zaif」から仮想通貨が不正に流出した問題を受け、同取引所を運営する交換業者テックビューロに対し、資金決済法に基づく業務改善命令を出した。

9月14日に同取引所が不正アクセスを受け、約70億円に相当する「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」などの仮想通貨が不正に送金されたが、同社より同月18日に受けた報告で原因調査や顧客への対応、再発防止策などが不十分であることが判明したことから、同月25日、資金決済法に基づく業務改善命令を出したもの。

同命令では、原因や責任の所在について明確化することや、再発防止策の策定、被害の拡大防止、顧客対応、改善計画の見直しおよび実行について、同月27日までに書面で報告するよう求めた。

同社では、これまで3月8日と6月22日に業務改善命令を受けており、今回で3回目となる。

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き