Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で

金融庁は、仮想通貨取引所「Zaif」から仮想通貨が不正に流出した問題を受け、同取引所を運営する交換業者テックビューロに対し、資金決済法に基づく業務改善命令を出した。

9月14日に同取引所が不正アクセスを受け、約70億円に相当する「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」などの仮想通貨が不正に送金されたが、同社より同月18日に受けた報告で原因調査や顧客への対応、再発防止策などが不十分であることが判明したことから、同月25日、資金決済法に基づく業務改善命令を出したもの。

同命令では、原因や責任の所在について明確化することや、再発防止策の策定、被害の拡大防止、顧客対応、改善計画の見直しおよび実行について、同月27日までに書面で報告するよう求めた。

同社では、これまで3月8日と6月22日に業務改善命令を受けており、今回で3回目となる。

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込