Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」

大阪府警は、サイバー犯罪防止の啓発にあたり、イメージキャラクターにカプコンの人気ゲームキャラクター「ロックマン」を採用した。

20181004_cp_001.jpg
配布予定のチラシおよびステッカー(画像:カプコン)

大阪府警と大阪府クレジットカード販売対策連絡協議会が、フィッシング詐欺の被害防止に向けて配布するポスターやチラシ、ステッカー、メモ帳に、人気アクションゲームシリーズ「ロックマン」の最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」のキャラクターを採用したもの。

啓発物は、10月8日に実施予定の「サイバー空間と現実空間の防犯コラボキャンペーン」で配布されるほか、大阪府の警察署などでチラシ5万枚、防犯啓発イベントでステッカー3000個などの配布を予定している。

「ロックマン」シリーズは、ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして1987年に第1作が登場。シリーズを重ねつつ、キャラクターグッズやコミック、テレビアニメや映画など、マルチメディアで展開。またカプコンでは2013年以降、大阪府警をはじめとする近隣府県警の防犯啓発に協力してきたという。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん