Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計

テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が不正に引き出された問題で、同社は9月21日に被害額を修正し、当初発表より約3億円多い約70億円相当にのぼることを明らかにした。

今回の不正アクセスは、9月14日17時ごろから同日19時ごろにかけて、入出金用のホットウォレットを管理するサーバが外部からの不正アクセスを受け、「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」が不正に出金されたもの。その後の調査により詳細な被害額が判明した。

不正送金額は、「Bitcoin」が5966.1BTCで、9月18日の終値で換算すると約42億5000万円にのぼる。「Bitcoin Cash」が4万2327.1BCH(約21億1000万円)、「Monacoin」が623万6810.1MONA(約6億7000万円)で、総額は日本円に換算すると約70億3000万円にのぼる。顧客の預り資産は約45億9000万円だった。

被害額はいずれも、盗難された仮想通貨の送金先アドレスに入金があった数量から推計したものとしており、サーバの復旧により正確な被害額が判明した場合は訂正する予定。

(Security NEXT - 2018/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
脆弱な「Drupal」サイトをボット化、仮想通貨発掘させる攻撃が発生
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック