Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀

北海道銀行は、顧客情報や本人確認書類の写しなど含む書類の所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同行によれば、「道銀キャッシュカード引換証」と「道銀ダイレクトサービス会員証」の受領証が所在不明になっているもの。

札幌駅北口支店の店頭で発行した受領証で、2014年4月から2015年3月にかけて郵送したものの不在などの理由で返送されたキャッシュカードや会員証を交付した際に発行したものだという。

紛失したのは約50件ほどと見られており、顧客の氏名や住所、本人確認書類の写しなどが含まれる。すでに交付手続きは完了している。

同行では、2015年中に誤って廃棄した可能性が高いと説明。受領証に関して外部からの問い合わせなどは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2018/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府