Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、組織内において許可なく利用されるクラウドサービスの利用状況を可視化する「クラウドセキュリティ診断サービス」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、「CASB(Cloud Access Security Broker)」を使用し、組織内におけるクラウドサービスの利用状況を可視化できるサービス。プロキシやファイアウォールなどのログをもとに利用されているクラウドサービスを特定し、リスクの高いユーザーやクラウドサービスなどを把握できる。

スポットで利用でき、調査開始から約20日で対策なども含めたレポートを提出。料金は1回81万円から。同社では2018年度に25件、2020年度に50件の利用を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー