Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚

ラジオNIKKEIの音楽番組のネット投票企画において、番組関係者が不正投票を行い、結果を意図的に操作していたことがわかった。

日経ラジオ社によれば、リスナーのネット投票をもとに選曲する音楽番組「Click DE On-Air」において、番組制作会社のディレクターが一部楽曲への投票を水増しし、オンエアする曲を意図的に操作していたという。

8月24日の放送において、多数連続してクリックできるアプリを使用して一部楽曲に投票。アクセスが集中したことで番組用のパソコンからサーバへ接続できなくなり、調査を行ったところ、問題が発覚した。

問題のディレクターは、約1年半にわたり、2回に1回程度の割合でアプリを使用。一部リスナーが投票に同様のアプリを使用しており、自らも使用して数字のつじつまを合わせようとしたと説明しているという。

同局ではコンプライアンスを強化し、研修や教育を徹底するとともに、チェック体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発