Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備

欧州委員会は9月5日、日本に対するGDPRの十分性認定について、発効手続きを正式に開始することを閣議決定した。これを受け個人情報保護委員会では、個人情報保護法に基づきEUを指定する予定。

EU加盟国から第三国へ個人データを移転する際、移転先で十分な個人データ保護措置が取られているか欧州委員会が審査、認定する十分性認定について、日本に対する認定発効の手続きを正式に開始することを閣議決定したもの。

個人情報保護委員会と欧州委員会は7月17日、相互に十分性を認める最終合意について確認しており、相互の円滑な個人データ移転における枠組みを実現することで一致していた。

今回の閣議決定を受けて、個人情報保護委員会では個人情報保護法に基づきEUを指定する予定。EU域内から移転を受けた個人データの取り扱いに関して、法令やガイドラインを補完するルールについても、効力発生日より施行となる。

(Security NEXT - 2018/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口