Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自家発電用燃料、約1週間分を手配できる見込み - さくら

北海道地震の影響で、石狩データセンターを自家発電に切り替えて運営しているさくらインターネットは、約1週間分の燃料について手配の見込みがついたことを明らかにした。

同社では、自家発電用燃料の調達について、石狩市や経済産業省などの支援のもと、約1週間程度の稼動が可能となる燃料の手配ができる見込みだと説明。

一部については9月7日より給油を開始する予定だが、給油前の段階でも備蓄により9月10日夕方まで稼働できるだけの燃料を確保しているという。

また電力が十分供給されず、非常用電源の燃料維持が困難となってサービスを停止せざる得ない状況が見込まれる場合は、少なくとも24時間以上前に告知するとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら
自家発電中のさくら石狩DCに一部電力供給が再開
地震影響で全域停電の道内DC、自家発電でサービス継続 - 追加燃料の調達急ぐ
未明の北海道地震、全域で停電 - データセンターにも影響
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
消防団で要援護者名簿が所在不明 - 熊本市
熊本地震の便乗メールに注意 - ワンクリック詐欺など発生