Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市

大阪市立小学校の教員が、児童の緊急連絡先などを記載した書類を紛失したことがわかった。

同市によれば、4月中に児童から回収した災害時における緊急連絡先などの書類を紛失していることが、5月7日に判明したもの。

紛失したのは大規模地震発生時における引き渡しの個票と、風水害時の集団下校時における緊急連絡先などで、児童最大29人に関する情報が含まれる。

児童の氏名やクラス、兄弟や保護者の氏名、引き渡す相手の氏名や続柄、連絡先、自宅以外に帰る場合の下校先の住所、続柄、連絡先などが含まれる。書類は職員室内の施錠が行えるロッカーで保存することになっていたが、児童より回収する途中だったため、教諭が手元に置いていたという。

紛失の判明を受けて、同校では対象となる児童の自宅を訪問。保護者へ事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失