Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の管理者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。データベースのアップグレードを装い、偽のログインページへ誘導しようとしていた。

20180905_su_001.jpg
フィッシングメールの内容(画像:Sucuri)

攻撃を確認したSucuriによれば、問題のフィッシングメールは、正規に送信される更新メッセージのデザインを盗用。「WordPress」のデータベースが期限切れとなっており、期限中にアップデートしなければならないと不安を煽る内容だった。

HTMLメールにより「WordPress」のロゴなどを掲載。さらにメールにはアップグレード作業を続けるためのボタンに見せかけたリンクを用意しており、「WordPress」のログインページに偽装したフィッシングサイトへ誘導する。

フィッシングサイトでは、アカウント情報を詐取すると、さらに画面が遷移。「WordPress」を利用するウェブサイトのURLやユーザー名などを入力させる画面を表示し、情報をだまし取ろうとしていた。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「NTTグループカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 不正ログイン被害の警告を偽装
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を