Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に

北朝鮮政府が関与し、「HIDDEN COBRA」としても知られる攻撃グループ「Lazarus」の攻撃キャンペーン「AppleJeus」が確認された。同グループによる「macOS」を対象とした攻撃が確認されたのは、今回がはじめてだという。

同攻撃について報告したKaspersky Labによれば、仮想通貨取引用ソフトの開発会社を装い、サイト上で仮想通貨の取引用アプリケーションに見せかけ、トロイの木馬を配布したと見られる攻撃を発見した。

マルウェアの制作者はコードネームとして「jeus」との文字列を用いており、今回はじめて同グループによる「macOS」を対象とした攻撃を確認したことから攻撃キャンペーンを「AppleJeus」と命名している。

同社によれば、同グループより攻撃を受けた仮想通貨取引所において、インシデント調査を行っている過程で問題のソフトウェアを偶然発見した。同取引所の従業員が誤ってインストールしてしまい、取引所のインフラに侵入を許してしまったという。

今回見つかったマルウェアは、一見、正規のビジネスを展開するソフトウェア会社が配布する仮想通貨の取引用アプリに見えるが、インストールすると、直後に悪意あるコードを含んだ「アップデータ」モジュールを導入させるという。

インストール後は、同モジュールを通じて端末より情報を収集し、コマンド&コントロールサーバへ送信。場合によってはトロイの木馬「Fallchill」がインストールされ、さらなるマルウェアの感染や、情報の窃取が行われるおそれがある。

問題の不正アプリは、クロスプラットフォームに対応したフレームワークである「Qt」で開発されたと見られており、「Windows」だけでなく、「macOS」にも対応。同様の機能を備えていた。同社が同グループによる「macOS」を対象とした攻撃キャンペーンを確認したのは、今回がはじめてだとしている。

今回の攻撃について、ソフトウェアにデジタル署名が含まれており、開発元を狙ったサプライチェーン攻撃の可能性もあるが、周辺情報を調査しても同社が実在する形跡は確認できず、同グループが攻撃目的で偽ソフトウェア開発会社を立ち上げ、悪意あるソフトを配布している可能性があると同社は指摘。仮想通貨を狙う金銭を目的とした動きのひとつではないかと分析している。

(Security NEXT - 2018/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも