Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品

セキ薬品は、元従業員が、勤務時に顧客のクレジットカード情報を盗み取り、通信販売で商品を購入するために使用していたことを明らかにした。

同社によれば、ドラッグストアセキ愛宕店で3月1日から5月21日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報234件を同店でアルバイトをしていた元従業員が盗み取っていたという。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

元従業員は、顧客の氏名や盗んだクレジットカード情報を用いてインターネット通信販売で商品を購入していたが、クレジットカード会社より不正利用の疑いがあるとして同社に連絡があり、調査を行ったところ問題が発覚した。

同社では警察へ届け出るとともに、窓口を開設し、顧客への対応を進めている。また利用明細に心当たりのない取り引きがあった場合は、クレジットカード会社へ問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者