Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が店舗でクレカ情報を窃取、通販に使用 - セキ薬品

セキ薬品は、元従業員が、勤務時に顧客のクレジットカード情報を盗み取り、通信販売で商品を購入するために使用していたことを明らかにした。

同社によれば、ドラッグストアセキ愛宕店で3月1日から5月21日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報234件を同店でアルバイトをしていた元従業員が盗み取っていたという。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

元従業員は、顧客の氏名や盗んだクレジットカード情報を用いてインターネット通信販売で商品を購入していたが、クレジットカード会社より不正利用の疑いがあるとして同社に連絡があり、調査を行ったところ問題が発覚した。

同社では警察へ届け出るとともに、窓口を開設し、顧客への対応を進めている。また利用明細に心当たりのない取り引きがあった場合は、クレジットカード会社へ問い合わせるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市