Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県

長崎県において、職員が関係者の名簿や危機管理マニュアルなど個人情報を含む資料を一時紛失していたことがわかった。すでに発見、回収されている。

同県秘書課の職員が、8月10日深夜から翌11日未明にかけて、帰宅時に住所や電話番号、携帯電話番号、メールアドレスなど個人情報を含む資料を手提げ鞄ごと一時紛失していたことが明らかとなったもの。

一時所在不明となっていた資料は、幹部職員494人の連絡先を記載したリストをはじめ、国会議員や秘書の名簿、長崎県議会議員名簿、危機管理マニュアル、所属課関係職員の住所録、記者携帯電話番号一覧など616人分の個人情報が含まれる。また同県関連団体522団体の情報もあわせて紛失した。

同県によれば、同職員は8月10日19時半ごろより知人と飲食し、さらにひとりで飲酒。12時過ぎに店を出て徒歩で帰宅する途中、ベンチで眠り込み、翌11日2時ごろ目を覚ましたところ、資料を入れた鞄やメガネなどがなくなっていることに気が付いたという。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞
患者情報含む書類を帰宅途中に紛失 - 名古屋大病院
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り