Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大

昭和女子大学は、教員が帰宅途中に学生の個人情報を含む記録メディアを盗まれる被害に遭ったことを明らかにした。

同大によれば、6月下旬に教員が帰宅途中に窃盗被害に遭ったもので、在学生、卒業生および受験生の個人情報が保存されたポータブル型メモリを盗まれた。個人情報以外に機密情報などは含まれていないとしている。

学外へ許可なく個人情報を持ち出していた。一部データはパスワードが設定されているという。同大は、犯人が捕まっておらず、盗難品も見つかていないことから、二次被害防止を理由に、盗難が発生した当時の状況、対象となる個人情報の件数、項目などについてはコメントを避けた。

同大では、被害が発生した当日に警察へ被害を申告し、所管官庁にも届けたという。対象となる在学生にはメール、卒業生や受験生に対しては書面を通じて経緯の報告や謝罪を行っている。

また再発防止に向けて指導の徹底や情報管理体制の強化など進めるとしており、メモリやパソコンなど個人が情報を持ち歩くことがないよう、ネットワークのサーバ運用を強化していくという。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少