Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大

昭和女子大学は、教員が帰宅途中に学生の個人情報を含む記録メディアを盗まれる被害に遭ったことを明らかにした。

同大によれば、6月下旬に教員が帰宅途中に窃盗被害に遭ったもので、在学生、卒業生および受験生の個人情報が保存されたポータブル型メモリを盗まれた。個人情報以外に機密情報などは含まれていないとしている。

学外へ許可なく個人情報を持ち出していた。一部データはパスワードが設定されているという。同大は、犯人が捕まっておらず、盗難品も見つかていないことから、二次被害防止を理由に、盗難が発生した当時の状況、対象となる個人情報の件数、項目などについてはコメントを避けた。

同大では、被害が発生した当日に警察へ被害を申告し、所管官庁にも届けたという。対象となる在学生にはメール、卒業生や受験生に対しては書面を通じて経緯の報告や謝罪を行っている。

また再発防止に向けて指導の徹底や情報管理体制の強化など進めるとしており、メモリやパソコンなど個人が情報を持ち歩くことがないよう、ネットワークのサーバ運用を強化していくという。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県