Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通

拡張子が「.iqy」の悪意あるファイルを添付したメールが、8月に入り国内で大量に流通していることがわかった。日本語で記載されており、写真や書類の送付を装っていた。

20180808_tm_001.jpg
「iqyファイル」を開かせようとした日本語メール(画像:トレンドマイクロ)

攻撃を観測したトレンドマイクロによると、拡張子が「.iqy」である「Officeクエリファイル」を偽装し、マルウェアへ感染させようとするメールが、8月に入って大量に送信されたという。

問題のメールは、「お世話になります」「ご確認ください」「写真添付」「写真送付の件」といった件名で流通。日本語で記載されており、書類や写真の送付に見せかけ、「Gozi」「DreamBot」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる不正送金マルウェア「Ursnif」へ感染させようとしていた。

「iqyファイル」を用いた攻撃は、海外で5月下旬以降に確認されているが、日本語により国内を狙った攻撃を同社が観測したのは今回がはじめて。8月6日のわずか1日だけで29万件以上を検知したという。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性