Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から

情報処理推進機構(IPA)は、ITパスポート試験(iパス)の出題範囲やシラバスを改訂した。2019年4月の試験から、情報セキュリティに関する項目などが追加される。

同試験は、2009年度よりスタートしたITに関する基礎知識を評価する国家試験。IoTやAI、ビッグデータなど技術の進展にともない、見直しを実施した。

具体的には、出題範囲とシラバスに、AIやIoT、フィンテック、仮想通貨、ドローン、コネクテッドカー、シェアリングエコノミー、アジャイル、DevOpsなど新しい技術に関する項目や用語を追加。

また情報セキュリティに関する項目も拡充。サイバーセキュリティ経営ガイドライン、不正のトライアングル、DLP、ブロックチェーン、多要素認証、IoTセキュリティガイドラインなどが含まれる。

さらに出題内容についても、新技術に関する問題の割合を2分の1程度まで高める予定。試験時間や出題数、採点方式、合格基準に変更はないという。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多