Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性

アイ・オー・データ機器が提供する複数のネットワークカメラに脆弱性が含まれていることが明らかになった。

「TS-WRLP」「TS-WRLA」「TS-WRLP/E」において複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。認証情報の漏洩や改ざんにくわえ、隣接するネットワーク圏内からファイルを保存、実行されるおそれがあるアクセス制御の脆弱性「CVE-2018-0661」が含まれる。

さらに認証情報がハードコードされている脆弱性「CVE-2018-0663」やデータの検証が不十分な脆弱性「CVE-2018-0662」などが明らかとなったもの。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの国分裕氏や米山俊嗣氏、一ノ瀬太樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。

アイ・オーでは、各製品向けに脆弱性を修正したファームウェア「バージョン1.10.08」をリリースしている。

(Security NEXT - 2018/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか