Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀

大分銀行は、顧客情報が記載された伝票綴り1冊を紛失したことを明らかにした。

同行によれば、太陽の家支店において、2016年4月18日分の伝票綴り1冊を紛失したもの。同支店において保管していた伝票綴りを、6月に文書センターへ移送する準備を行っていたところ、所在不明となっていることが判明した。

問題の伝票綴りには、顧客90件の氏名や住所、電話番号、生年月日、印影、口座番号、取引金額などが含まれる。

同行では、ほかの書類とともに誤って廃棄した可能性があるとしており、不正利用に関する問い合わせなどは確認されていないという。

(Security NEXT - 2018/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
顧客情報記載の資料を委託先が紛失 - 中部電力
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市