Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ

過去2年間に約半数の日本企業がサイバー攻撃を経験しているとの調査結果をPwC が取りまとめた。2年前の前回調査から35ポイント増加している。

PwCグループが経済犯罪に関する実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は2年に1度実施しており、今回は2017年6月21日から9月28日にかけて実施。世界123の国と地域から7228件の回答が寄せられた。国内からの回答は182件。

過去2年間でサイバー攻撃の対象になったことがある日本企業は50%。2年前の前回調査から35ポイント増加した。種類別では「マルウェア」が32%ともっとも多く、「フィッシング(19%)」「ネットワークスキャニング(18%)」と続く。

20180731_pc_001.jpg
過去2年間に受けた攻撃の種類(グラフ:PwC)

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施