Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上

国内重要インフラ組織の3社に1社がランサムウェアの被害を経験していることがわかった。感染したランサムウェアの約半数が「Locky」で、身代金を支払ったと回答した組織はなかったという。

JPCERTコーディネーションセンターが、2017年9月19日から10月17日にかけて調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内の重要インフラなど184組織が回答した。

ランサムウェアの被害経験について尋ねたところ、65%が「ない」と回答する一方、35%にあたる64組織が「ある」と答えた。被害を受けた組織において件数を尋ねたところ、78%は「5件未満」で、「5件以上、10件未満」が16%だった。

被害に遭った機器の台数は、「1台」が36%、「2〜4台」も同じく36%だった。「5〜9台」が13%、「10〜19台」が6%で続く一方、「20台以上」に感染が拡大したケースも11%と1割を超えた。

20180731_jc_001.jpg
被害組織における被害件数(グラフ:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て